縄縮み・縄伸び【なわちぢみ・なわのび】



実測した土地の面積が、登記簿に記載されたものより小さいことを縄縮み、大きいことを縄伸びといいます。
縄縮みや縄伸びは、主に地方の農地や山林で起こります。その原因として考えられるのが、これらの登記簿の面積が、測量技術の未熟な明治初期のものが多いことです。また意図的な理由としては、縄伸びは、税負担軽減のための過少申告、縄縮みは、売買代金の嵩上げを狙った、などが考えられます。


◆SPONSOR LINK◆

  • 大阪 住宅
  • 注文住宅 名古屋
  • 群馬 建築家
  • 笠間 一級建築士事務所
  • 草津 設計事務所
  • 厚木 注文住宅
  • いえラボ 太田
  • SUB MENU

    おすすめサイト